自然療法フットケアの青山フットケアアカデミー

afa_logo_s.png

izuma.jpg自然療法フットケア修了者
いずま ゆみえ さん

茨城県・つくば市にサロンをオープンされました。

自然療法フットケアを学ばれたきっかけは何ですか?

若い頃の看護師経験で、現代医療に疑問と矛盾を感じ、
以降いろいろ自然療法的な勉強を続けてきました。
根本的に人を健康にするアプローチを探していたところ
青山フットケアアカデミーのホームページを見つけて
足・靴・歩行の奥深さに興味を持ちました。
izuma_room.jpg

そして、実際に学んで自分自身にも実践してみて、
この技術なら仕事にして自立できる、と自信が持てましたので
自分でサロンを開業することにしました。

サロン開業で苦労したこと、感じたことはありますか?

izuma_tr.png開業してまだ1ヶ月なので苦労はこれからだと思いますが、オープンまでの苦労で言えばサロンの室内装飾は大変でした。
全部自分で準備したのでホームセンターや家具屋、ネットショップなど何度も通いました。
初めは何もないシンプルな部屋で良いと思っていましたが、やはり女性専用サロンなので
気を遣いました。楽しかったけれど大変でもありました。

今は、サロンのコンセプトの周知活動が重要な課題です。
やはり知ってもらわないとお客様も来ないので集客にかけるエネルギーは必要です。
ただ、開業前から後までスクールのサポートが利用でき、集客の方法なども
アドバイスしてもらえたので、それは心強かったです。

今、感じられるやりがいやお客さまのことについて

izuma_wk.jpgまずは、足・靴・歩行の3点をとても面白く感じています。
足は人の健康の土台でありとても大切なのにあまり関心を向けられていません。
多分これから足のブームが来ると思います。学ぶほどに面白さを感じています。

そしてトリートメントで人に触れると、とても楽しく自分が元気になれます。
これほど施術が好きになるとは思いませんでした。お客様が自分の手技で
リラックスしてくださると自分もとても心地よくて癒されます。

また、靴や歩行に関する理論的なアドバイスでお客様が納得して下さると
とても充実感を感じます。
そしてお客様がどんどん良い姿勢や歩行になって下さると最高に満足です。

この療法は人の自立を促すものなので、前向きなお客様が多いように思います。
それもセラピストにとってとてもありがたいことだと思います。
まさに前を向いて胸を張って颯爽と歩いていく人がとても素敵で力強いように
セラピストも常に力強くいられるような気がします。

とても素敵な仕事だと思います。


いずまさんのサロン
LinkIconサロン ド ルーモス

LinkIcon開業中の卒業生インタビュー(一覧) へ戻る

自然療法フットケア講座(マスターコースの例)
textpic_s.jpg







markcity2.jpg
afa_logo_s.png
青山フットケアアカデミー
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティWest 22F

お問い合わせはこちら